• 2要素認証(2FA)

    2要素認証はアカウントの安全性をさらに高めるもので、パスワードとユーザー名だけでなく、携帯電話やGoogle Authenticatorに届くSMSなど、ユーザーのみがアクセスできる情報も要求します。 これはユーザーが2種類の認証要素を提供して自分自身を検証し、ユーザーの資格情報とユーザーがアクセス可能なリソースの両方をより適切に保護するためのセキュリティ手続きです。 あなたのメールアカウントが不正にアクセスされ、それがPaxfulのパスワードをリセットする目的で使用された場合でもご安心ください。2要素認証を設定することで、簡単に安全性を高めることができます。 ログイン、出金、解放時の2要素認証を有効化している場合、あなたの資金にアクセスし、取引を解放できるのはあなただけです。

  • API

    アプリケーションプログラミングインターフェース(API)は、あるソフトウェアプログラムと他のソフトウェアとのやり取りを仲介する役割を果たすものです。 取引においては多くの場合、APIとはソフトウェアをブローカーと接続してリアルタイムに価格データを取得したり、取引を行ったりするためのインターフェースを指しています。 取引においては多くの場合、APIとはソフトウェアをブローカーと接続してリアルタイムに価格データを取得したり、取引を行ったりするためのインターフェースを指しています。

    APIはPaxfulに接続するアプリケーションを作成したい開発者や企業のためのものです。

    アプリケーションプログラミングインターフェース(API)は、Paxfulと接続するためのもう一つの方法です。 詳細情報は、こちらをクリックしてください。

  • Authy

    Authyはユーザーを保護し、あなたのビジネスを将来にわたって保証するのに役立つ堅牢なAPIとアプリを提供します。 2要素認証は、オンラインアカウントを保護するための非常に安全な手段です。 2要素認証では、サイトにログインする際に2種類の情報を使用して認証することが要求されます。

  • BCC、BCH、またはBcash

    BCC、BCH、またはビットコインキャッシュは、インターネット用のピアツーピア型電子キャッシュです。 これは完全分散型の仮想通貨であり、中央を司る銀行は存在しません。また、信頼できる第三者による関与を必要としません。 この仮想通貨は2017年8月に作られ、ビットコインクラシック(Bitcoin Classic)からフォークする形で誕生しました。 ビットコインキャッシュではブロックサイズが拡大され、より多くのトランザクションを処理できるようになっています。BCC、BCH、またはビットコインキャッシュは、ピアツーピア型仮想通貨です。 これは完全分散型の仮想通貨であり、中央を司る銀行は存在しません。また、信頼できる第三者による関与を必要としません。 この仮想通貨は2017年8月に作られ、ビットコインクラシック(Bitcoin Classic)から分岐する形で誕生しました。 ビットコインキャッシュではブロックサイズが拡大され、より多くのトランザクションを処理できるようになっています。

    Paxfulは現在、ビットコインキャッシュのブロックチェーンには対応していません。 Paxfulはフォークには対応しておらず、トランザクションの逆転を処理しません。

  • BIP

    ビットコインコミュニティに情報を提供する、またはビットコインの新機能やビットコインプロトコルに影響するプロセスと環境を説明する技術的な設計文書です。

  • BitGo

    BitGoはビットコインのセキュリティプラットフォームであり、マルチシグ技術のパイオニアです。 同社は鍵を多数の所有者に分散し、リスクを管理するマルチシグウォレットサービスを提供しています。

  • ETHまたはEthereum

    ETHまたはイーサリアムは、開発者が分散アプリケーションをビルド・開発できるブロックチェーン技術に基づくオープンなソフトウェアプラットフォームです。 ビットコインのように、イーサリアムは公開ブロックチェーンネットワークです。 イーサリアムのブロックチェーンは分散アプリケーションのプログラミングコードの実行に重点を置いています。 イーサリアムのブロックチェーンでは、マイナーはビットコインを採掘する代わりにネットワークの燃料となる暗号トークンの一種であるイーサを獲得するために働きます。

  • Google AuthenticatorまたはGA

    Google Authenticatorは、Googleがモバイルアプリケーションのユーザーを認証するために時刻ベースのワンタイムパスワードアルゴリズムとHMACベースのワンタイムパスワードアルゴリズムを使って2段階認証を実装したモバイルアプリケーションです。

    Authenticatorは、ユーザーがGoogleのサービスやその他のサイトにログインする際にユーザー名とパスワードの加えて入力が必要する必要がある6~8桁のワンタイムパスワードを提供します。 Authenticatorはパスワードマネージャーやファイルホスティングサービスなどのサードパーティ製アプリケーションのコードを生成することもできます。 このソフトウェアの古いバージョンはオープンソースでしたが、その後のリリースでは独占権下にあります。

  • HODL


    これは仮想通貨コミュニティで使用されるスラングかつインターネット・ミームであり、仮想通貨を売らずに保有し続けることを指します。 この言葉はビットコインや他の仮想通貨を長期保有する戦略を表す「hold」をタイプミスしたことに由来しています。

  • ICO



    ICOまたはInitial Coin Offering(新規仮想通貨公開)とは、主要な投資世界におけるIPOまたは新規株式公開のほぼ仮想通貨空間版と言えるものです。 ICOはある種の資金調達者として機能します。ICOは新しいコイン、アプリ、サービスを作成しようとしている企業が開始します。 ICOを開催する企業は、投資家の資金を自社の目標を推し進め、製品を発売し、デジタル通貨を開始する手段として使用します。

  • KYC/AML

    「Know Your Customer」(顧客確認)を表します。 この用語は、企業が顧客の身元情報を特定して検証する方法を説明するために使用されます。 KYCはAMLの一部です。 

    AMLはAnti-Money Laundering(アンチマネーロンダリング)を表します。 アンチマネーロンダリングとは、犯罪者が違法に取得した資金を正当な収入に偽装することを防ぐための一連の法律、規制、手続きを指します。

     

  • LTCまたはLitecoin


    ほぼコストをかけずに即座に世界中の誰にでも支払いを行えるピアツーピア型のインターネット通貨です。 Litecoinは中央当局が介在しない、完全に分散化されたオープンソースの世界的な決済ネットワークです。 時価総額(または市場の通貨量)で評価すると、Litecoinは最大の仮想通貨の一つです。 Litecoinは他の同様の通貨と同じように、ある意味ではオンライン決済システムとして機能します。 PayPalや銀行のオンラインネットワークと同様に通貨を相互に送金できます。 ただし、米ドルを使用する代わりにLitecoin単位で取引を行います。

  • Paxful 決済またはPwP


    Paxful 決済は、任意のショッピングカートやアプリの個人ウェブページに設置することができ、購入者が銀行口座やクレジットカードを持たない購入者でも支払いができるボタンです。支払いは、購入者がPaxfulウォレットPaxfulウォレットの残高や利用可能な支払い方法のいずれかを使用して支払うことができるPaxfulウェブサイトを通じて行われます。

  • Paxfulアフィリエイトプログラム

    ウェブ広告主と勧誘を受けたウェブサイト管理者が関与する自動化された電子プログラムです。 あなたのサイトから業者サイトへのリンクに対し、業者があなた(「アフィリエイト」)に支払いを行う関係です。 通常、アフィリエイトは、リンクを介して業者による販売が実際に成立した場合にのみ支払いを受け取ります。 Paxfulアフィリエイトプログラムを利用すれば、友人、家族、さらにはフォロワーとプラットフォームを共有してすぐに小遣いを稼ぐことができます。

  • Proof of Work(PoW)

    生成にかなりの演算量を要求するものの、正当性の検証には最小限の計算量しか必要としないデータです。ビットコインはProof of Workを使用し、新しいブロックを生成します。Proof of Workはブロックヘッダー(ビットコイントランザクションのブロック)のハッシュを参照します。ブロックは、そのハッシュが現在のターゲットよりも低い場合にのみ有効とみなされます。各ブロックは先行するブロックとProof of Workを参照し、ブロックチェーンと呼ばれるブロックのチェーンを形成します。チェーンが形成されると、先行するすべてのビットコイントランザクションが確定し、ネットワークが保護されます。

  • QRコード


    デジタルカメラで容易にスキャンできるビットコインの公開ウォレットアドレスをデジタル表記したものです。QRコードは物理的商品のバーコードに似ており、機械が読み取りやすい方法でデータを具体化しています。

  • Satoshi


    1ビットコインの分割可能な最小単位です。1ビットコインは、1億satoshi(小数点以下8桁)に相当します。1 satoshi = 0.00000001 ビットコインです。

  • Satoshi Nakamoto


    ビットコインは2008年にSatoshi Nakamotoという名前の開発者によって書かれた学術論文で初めて登場しました。Satoshiはビットコインの最初の発明者として使用されている名前です。

  • TXID、トランザクションID

    TXIDまたはトランザクションIDは、基本的にビットコイントランザクションの識別番号です。これは、コインのブロックチェーン内の各トランザクションにラベルを付与する英数字の文字列です。

    例:
    9a2468889936b87b8d64211e1d2a36afebff6c73eaa8fa4a849cfe099076e723

  • XRPまたはRipple


    Rippleはその仮想通貨であるXRPよりも、そのデジタル決済プロトコルのほうが有名です。RippleはUSD、円、Litecoin、またはビットコインといったあらゆる形式のシームレスな送金を実現するオープンソースかつピアツーピア型の分散プラットフォームで動作します。

  • アルトコイン

    「アルトコイン」は「アルト」と「コイン」の2つの単語を組み合わせたものです。「アルト」は「代替」を意味し、コインは(本質的に)「仮想通貨」を意味しています。つまり、デジタル通貨であるビットコインの代替となる仮想通貨全般を指しています。 多くのアルトコインは、ビットコインが提供する基本的なフレームワーク上で構築されています。

  • ウォレット


    ビットコインを使用するために使用されるビットコイン秘密鍵のコレクションです。物理的な財布にあるドル紙幣と同様に、ビットコインウォレットはビットコインを安全に保管、送受金できるデジタルウォレットです。ウェブまたはモバイルソリューションのどちらでもさまざまな種類のウォレットを利用できます。理論的に言えば、ビットコインウォレットは公開鍵と秘密鍵へのアクセスを提供します。これは、あなたが希望するときはいつでも、あなただけがこれらのビットコインを使用する正当なアクセス権を持つことを意味します。

    Paxfulでアカウントを作成すると、無料のPaxfulビットコインウォレットを取得できます。公開鍵と秘密鍵は、Paxfulによって安全に保存されます。ウォレットへのアクセスは、パスワードと2要素認証で保護されます。

  • エスクロー

    エスクローシステムは購入者と販売者双方を保護するために、資金を安全な入金口座に保管することで安全に機能します。 つまり、資金が独立した第三者の管理下に置かれることになります。 これは、すべての条件が満たされるまで支払い金額を安全に保管することで取引を保護しています。 信頼できない相手と取引を行う際には、第三者のエスクローサービスを使用してビットコインの支払いを処理するのが得策です。 エスクローはビットコインの入金を前もって要求することで、販売者を詐欺的な購入者から保護しています。 また、エスクローは購入者が支払いを行った後にコインの送金を拒む販売者から購入者を保護しています。

  • エスクロー手数料


    エスクロー手数料は提供されるエスクローサービスの費用を賄っています。

  • オファー

    Paxfulのオファーは、個別の専用ページを持つ特定の取引の提案です。 このような提案には、固定の通貨、ビットコインの交換レート、支払い方法が設定されています。 オファーページは、Paxfulウェブサイトの専用のセクションで公開されています。

    オファーには、販売オファーと購入オファーの2種類があります。

    販売オファーは、ビットコインの所有者がオファーで設定した支払い方法でBTCを販売するための提案です。 あなたがビットコインを購入することを決めた場合、販売オファーが作成されます。

    購入オファーは、ユーザーに所有するBTCを購入してもらいたいビットコインベンダーが作成する広告です。あなたがビットコインを販売することを決めた場合、購入オファーが作成されます。

    誰がオファーを作成できますか?

    オファーはどのユーザーでも作成できます。 一部のオファーでは、保証金やPaxfulウォレットの最低残高、またはKYCが要求される場合があります。

    オファーを作成すべき理由は?

    Paxfulでは既存のオファーを検索して取引することができます。 しかし、その場合は他のユーザーの条件に左右されることになります。 自分でオファーを作成することで、独自の条件や取引相手に関する要件を設定し、取引の流れを作ることができます。

     

  • オファー条件

    オファー条件は、取引開始前の要件を短く説明したものです。 オファー主はオファー条件の中で支払い方法、そのオファーの詳細、取引を正常に完了するために取引相手が提供すべきものや取るべき行動のリストを提供することができます。

    オファー条件はPaxfulの利用規約に従ったものでなければなりません。

  • オープンソース


    コードが公開されており、無料で配布できるソフトウェアです。 ビットコインはオープンソースプロジェクトであり、おそらく初のオープンソース通貨です。

  • クジラ


    大量のビットコインを保有する個人または事業体を指す仮想通貨界の用語です。 

  • コインのロック


    コインのロック、またはコインロック。 支払いを行い、取引を完了する意思もなく取引エスクローに販売者のビットコインを手放さないこと。 よくあるビットコイン詐欺の事例の一つです。

  • コールドウォレット


    コールドストレージ(インターネットに接続されていないハードウェア)内にあるビットコインウォレットです。