仮想通貨を取引する際の潜在的リスク

他の種類の投資と同様に、Paxfulでのビットコインの取引にはリスクが存在します。

ご自身の投資を保護することは常に最高のメリットをもたらします。また、投資に伴うあらゆるリスクに精通することは、そのような保護の一環となるはずです。これらすべてのリスクに精通していれば、Paxfulでより有利な立場で良好な収益を得ることができます。

Paxfulでビットコインを購入する際のリスク

あなたが新規登録したばかりのユーザーである場合、不誠実なユーザーがその優位性を利用する可能性があります。以下にそのような不正行為の例をいくつか示します。

支払い完了後のベンダーからの取引の取り消し依頼

これは詐欺師がよく使用するやり口の一つで、あなたが支払いを完了した後に取引の取り消しを依頼するというものです。あなたがギフトカードを使用しており、そのギフトカードの情報をすべてアップロードした場合、これらの情報を無料で提供するリスクにさらされることになります。詐欺師はそのカードの額面を盗みます。その後、あなたが取引を取り消すと、ビットコインがエスクローから解放されてベンダーに返却されることになります。

支払い完了後にベンダーから取引を取り消すよう依頼された場合、拒否してください。「支払済」をクリックしてから議論を開始すれば、モデレーターが取引を調査したうえでコインをどちらに付与すべきかを判断します。モデレーターから求められた場合に備えて、追加の証拠を提供できるよう準備しておいてください。「支払済」をクリックしなかった場合、その取引は期限切れとなり、コインがエスクローからベンダーに返却されることになります。カードの詐取を防ぐには、身元証明書のアップロードや支払いを行う前にベンダーがオンラインであることを確認するのも有効です。

ギフトカードの仲介はPaxfulの利用規約に違反しており、固く禁じられています。ギフトカードを店舗で購入し、あなたがそのギフトカードの元の所有者であることを確認してください。カードをプレゼントとして受け取った場合は、必要に応じていつでもプレゼントを送ってくれた人に連絡し、領収書や追加情報の提供を依頼することができます。 

エスクロー外取引

多くの詐欺師は、Paxfulのエスクロー外での取引にあなたを誘導しようとします。詐欺師はあなたに連絡先情報の提供を依頼し、接触を試みようとします。エスクロー外での取引を行った場合、あなたを保護する方法はありません。あなたが支払いを行っても、売却者がビットコインをあなたに送金するという保証は一切ありません。Paxfulのエスクローシステムエスクローシステムは、購入者と売却者の双方を保護するために存在しています。

Paxfulでビットコインを売却する際のリスク

ビットコインの購入と同様に、Paxfulでビットコインを売却する際には注意すべきリスクがいくつか存在します。これらのリスクに精通しておくことは、あなたが作成するオファーを最適化するのに役立ちます。

無効化可能な支払い方法

Paxfulの一部の支払い方法(PayPalやクレジットカードなど)は無効にできることを知ることが重要です。詐欺師が利用する一般的な手口の一つとして、これらの支払い方法を使用して取引を行い、後からチャージバックを依頼するというものがあります。例えば、詐欺師はクレジットカード会社に身に覚えのない取引だと主張するかもしれませんし、PayPalの場合は商品を受け取っていないと主張するかもしれません。PayPalは通常は購入者の味方をしますが、証拠を提出すれば資金を返金してもらうことができるかもしれません。

では、チャージバックを受けた際には何をすればいいのでしょうか?まずはベンダーに行き、「過去の取引を表示」をクリックしてください。チャージバックを受けた取引をクリックすると、その取引ページを表示できるはずです。下にスクロールすると、指示の下に取引の領収書が表示されているはずです。

換金済みのギフトカード

これは、詐欺師がよく利用するもう一つの手口です。購入者が使用済みのギフトカードの情報や画像を追加している可能性があります。 

ギフトカードの残高を確認できるまでは絶対にビットコインを解放しないことが重要です。ビットコインを解放する前に必ずギフトカードを換金し、あなたのアカウントに入金されたことを確認してください。購入者は同じカードを別のベンダーにも売却したがっている可能性があるため、この手続きは速やかに行ってください。一般的に、詐欺師は急いでいると主張し、早くビットコインを解放するようにあなたを急かします。このような手口にだまされず、ギフトカードの額面が入金されたことを確認した場合にのみ、ビットコインを解放するようにしてください。

虚偽の身元証明書や盗難されたクレジットカードの使用

クレジットカード会社は通常、その利用者を詐欺から保護しています。クレジットカードが盗難された場合、クレジットカード会社は常に返金を行い、取引のチャージバックを行います。このため、利用者の身元情報を確認し、セルフィーを依頼して2つの情報を照合することが重要となっています。顔や名前を確認できない可能性のあるぼやけた画像を提供しないようにしてください。本当にビットコインを購入したいのであれば、まともな品質の写真を提供できるようにしなければなりません。機密情報であることを理由に身元証明書の提供を拒否する人もいますが、取引のために何を受け入れるかを決めるのはあなた次第です。ただし、証拠が多ければ多いほど、詐欺師に対するあなたの優位性が高くなることは覚えておいてください。

「非常に忙しい」ユーザー

Paxfulで取引を行う際、「非常に忙しい」ユーザーには常に警戒するようにしてください。前述の通り、ビットコインを早く解放するようあなたに迫り、すでに支払いを行った・現在支払い中だと主張するユーザーもいます。このような購入者はビットコインを手に入れるとすぐにそれを別のウォレット(Paxful外のウォレット)に送金し、支払いすら行わない可能性があります。非常に忙しいと主張するユーザーには特に注意するようにしてください。そのようなユーザーが常に詐欺師であるとは限りませんが、常に警戒するようにしてください。購入者と売却者の両当事者が抜かりなく取引の指示に従い、合意したすべての条件が満たされたときに取引を完了する必要があります。

このセクションの記事

もっと見る