銀行振込でビットコインを売却する

銀行振込はPaxfulでは一般的な支払い方法です。 この記事では銀行振込でビットコインを売却する方法をご紹介します。

取引前

銀行振込でビットコインを売却する前に、銀行口座を設定して取引を受け入れる準備ができていることを確認してください。 あなたの銀行口座に取引上限額や地理的制限が定められていないかどうかを確認してください。 また、1ページかpdfファイルにすべての情報が記載された取引証明書を容易に入手できる銀行を使うことを検討してください。

必要な情報を以下に記載します。 

  • 口座名義人の氏名。
  • 銀行の名前とロゴ。
  • 取引日時と状態。
  • 送金者の口座番号と氏名。

取引 

オファーの検索

銀行振込でビットコインを売却する最初のステップは、銀行振込を支払い方法として受け付けているオファーを見つけることです。 また、希望購入額と希望通貨を入力する必要があります。

適切なオファーが見つかったら、取引を開く前にオファー条件を必ずお読みください。 オファー条件には、購入者からの支払いに関する要求事項が簡単にまとめられています。

取引を開始すると、より詳細な指示の一式が取引チャットに表示されます。 これらは取引の指示と呼ばれています。 購入者は常にあなたの銀行情報を要求します。 あなたのプロフィール取引チャットに銀行情報を追加して保存する方法を確認してください。

オファーの作成

銀行振込でビットコインを売却するため、独自のオファーを作成することもできます。
銀行振込オファーに関する以下のヒントをご覧ください。

  • 取引中の交渉は禁止されているため、自分に有利だと思われるマージンを設定するようにしてください。
  • 明確なオファー条件と指示を書くようにしてください。
  • 送金手数料を誰が負担するのかを明確にしてください(必要な場合)。

独自のオファーを作成して公開したら、購入者があなたとの取引を開始するのを待ってください。 取引が開始すると、通知が届きます。 取引相手と必要なすべての情報を話し合ってください。

取引の完了

購入者があなたに支払いを行ってから取引を「支払済」にマークし、支払証明書をアップロードしたら、支払いが正常に完了したかどうかをあなたのほうでよく確認してください。

最後のステップでは、取引エスクローからビットコインを解放します。 間違いなく支払いを受け取ったことを確認できた場合のみ、「ビットコインを解放」ボタンをクリックしてください。

取引後

取引が完了したら、取引相手に適切なフィードバックを残すことができます。 また、そのユーザーとの取引を気に入ったら、相手を信頼済みリストに追加することができます。

Paxfulでビットコインを売却する方法に関する詳しい情報をご覧ください。

 

このセクションの記事